眼瞼下垂

眼瞼下垂


理想の目元を実現する
美容目的の眼瞼下垂治療

上瞼が挙がりにくく、垂れ下がったままの状態を眼瞼下垂と言います。両眼の場合もあれば、片眼の場合もあります。上瞼を挙げる筋肉(眼瞼挙筋)がうまく働かないために生じるものです。

健康保険適応外(自由診療)の治療では、美容的に綺麗な上まぶたにするために術式を工夫しています。軽度から中等度以内の下垂には、数ミリの切開で糸により修正することもできます。
また眼瞼下垂の手術は整容的にも黒目がパッチリして明るく大変魅力的な表情になるため、美容外科を訪れる患者様の中には、正常な目の開きの方も少なくなく、「とにかく目を大きくしたい」という要望に対しても行なっております。
美容目的で眼瞼下垂手術を受ける場合は、事前に好みの二重幅や形などを指定することが可能です。

眼瞼下垂は視野が狭くなるだけでなく、頭痛や肩こりなどを併発することで日常生活に支障をきたす可能性もあります。治療の必要がある場合には健康保険を利用して受診することができますのでお気軽にご相談ください。


【 健康保険適応の眼瞼下垂についてはこちら 】


治療方法

二重まぶた(切開法、部分切開法、埋没法)切開法
二重のかたちには大きく平行型と末広型の2種類があります。平行型は目頭の部分からすでに二重になっている形で、末広型は目頭の部分は一重で、目尻に行くに従って徐々に二重の幅が広がっていく形です。
雑誌や広告、インターネットの情報などで埋没法希望の患者様が圧倒的に多いのですが、目の美容形成を専門とする私の私見では、麻酔注射量を最低限とし、出血を極力少なくして正確に・丁寧に拡大鏡や顕微鏡下に切開法で形成した二重まぶたが美しく、取れる心配がないといえます。

マイクロ切開法
埋没法よりも取れにくく、切開もわずか2mm程度の方法です。切開はいやだけれど埋没法ではなかなかクセがつかないといった人に向いています。

埋没法
瞼の脂肪が少なく、皮膚の薄い人で余分な皮膚・たるみのない人に向いています。二重の線にあたる部分に片側1箇所に1mmほどの切開をして糸で留めます。この方法の欠点は留めた糸が外れることがあることです。二重のくせが取れて保証内だからと何度も埋没法を行っている患者様が時々おられますが、お勧めできません。


症例

onayami-img17


onayami-img19-1


onayami-img20-1


onayami-img21-1


onayami-img22


治療内容

皮膚を切開して眼瞼挙筋腱膜を短縮し、まぶたを引き上げる手術です。


リスク・副作用

内出血・腫れ・むくみ


施術費用

内容価格
保険診療の場合3割負担で約50,000円
自由診療の場合両目 30万円〜

*眼瞼(まぶた)、目の周辺の施術費用は【 コチラを参照 】


眼瞼下垂治療のアフターケア

眼瞼下垂治療のアフターケアについて、詳しくは【 こちら 】をご覧ください。


お問い合わせはコチラ
scroll