眼瞼下垂

眼瞼下垂


眼瞼下垂は大きく先天性と後天性に分けられます。


1)先天性眼瞼下垂

先天性とまり生まれつき瞼を挙げる筋肉の働きが悪く、黒目がまぶたで覆われた状態です。
幼少期に手術を行場合は開きが不十分であることが多く、その理由は、成人になってからのまぶたの状態が予想できず、短縮量を控えめに調整するためです。そこで眼の開きを大きく改善するには、瞼が器官として十分に発育した成人以降に再手術を行うことになります。


2)後天性眼瞼下垂

神経や筋肉の疾患である動眼神経麻痺、重症筋無力症などものもありますが、加齢に伴う老人性眼瞼下垂、コンタクトレンズ(特にハードレンズ)長期装用が原因のコンタクトレンズ性眼瞼下垂(腱膜性眼瞼下垂)が増えています。
中でもコンタクトレンズの長期使用が原因と思われる方は、年々増加しており、世の中にコンタクトレンズが普及してきて10年以上後からの普及率と腱膜性眼瞼下垂の発症率は同じような増加グラフ曲線を描きます。そうはいってもコンタクトレンズは今や視力の悪い人にとっては不可欠なものであり、眼鏡に戻すというのもなかなか難しいのが現状です。
片側のみの場合がほかの眼瞼下垂よりも少ないようですが、必ず両側に症状が同時に発現するとは限らず、予防的に同時に手術をする場合も時にあります。また、数年後、十数年後に再発ということも念頭に置かないといけません。

腱膜性眼瞼下垂はまぶたが開けにくいだけでなく、肩こりや頭痛、不眠、いらいら感などの症状も合併することが多いため、整形外科や神経内科などの診療科をはじめに受診し、異常が見当たらないといわれることも少なくないため、単なる老化とあきらめてしまっている方も多くおられるようですが、正しい治療をすれば、日常生活がずいぶんと楽になるのです。


治療方法

1)腱膜固定法

皮膚側(通常はふたえのライン)を切開して、眼の開き具合に合わせて余剰皮膚も切除できるために、たるみも同時に改善することが出来ます。主に高齢者の老人性眼瞼下垂、腱膜性眼瞼下垂に適応します。


2)挙筋短縮法

皮膚切開または結膜切開にて、眼瞼挙筋を短縮し上まぶたを大きく開くことになります。当院ではミュラー筋は切除せず、眼瞼挙筋だけを短縮するようにしています。先天性眼瞼下垂と皮膚切開を嫌う方に行っています。


3)筋膜または腱移植

先天性眼瞼下垂で挙筋の機能がほとんどない場合が本術式の対象となります。ふとももの筋膜や長掌筋腱を採取して、瞼板と眉毛の皮膚下にこの筋膜を移植し、額の筋肉の収縮力を利用して目を開くようにする術式です。

眼瞼下垂の手術は、整容的にも黒目がパッチリして明るく大変魅力的な表情になるため美容外科を訪れる患者様の中には、正常な眼の開きの方も少なくなく、『とにかく目を大きくしたい!』という、要望に対しても行っております。


症例

onayami-img17


onayami-img18


onayami-img19-1


onayami-img20-1


onayami-img21-1


onayami-img22


onayami-img23


治療内容

皮膚を切開して眼瞼挙筋腱膜を短縮し、まぶたを引き上げる手術です。


リスク・副作用

内出血・腫れ・むくみ


施術費用

*眼瞼(まぶた)、目の周辺の施術費用は【 コチラを参照 】


scroll