眼瞼下垂


当クリニックは“目”の美容形成の専門院として、美容医療の各学会やシンポジウムで独自の方法や治療成績の発表などを積極的に行っています。“目”はお顔のなかでも印象の8割を占めるといわれている最も重要な部位で、患者様のお悩みもやはり多く、種類も多岐に及びます。

まず、眼瞼下垂が保険診療の適用になるということを知ってください。読んで字のごとく、まぶたが垂れて、物が見えにくいという機能低下現象がおきているわけですから、当然健康保険が適用になります。診察をしていて、保険が効くということで驚かれる患者様が非常に多いので、まずはこのことを示させていただきます。

眼瞼下垂には、生まれながらのもの(先天性)と、後から下がってくるもの(後天性)があります。
先天性のものは、生まれつきまぶたを挙げる筋肉が働かなかったり、力が弱かったりするため、筋肉を短縮したり自分の筋膜や腱を使って、まぶたを挙げることが出来るようにしたりします。
後天性のものでは、長期のコンタクトレンズの使用や目をこする癖のある方に多い「腱膜性眼瞼下垂」と、加齢により上まぶたが覆いかぶさってくる「老人性眼瞼下垂」が多く、前者は目を閉じる筋肉の下に位置する腱膜を短縮あるいは縫縮し、後者は余った皮膚と筋肉を取り去ることで、ともにスッキリとしたまぶたになります。


先天性眼瞼下垂

眼球運動障害など眼瞼下垂以外の異常を伴わない、単純性眼瞼下垂が90%以上を占めます。
先天性は片側の眼瞼下垂が多く、ほとんどが眼球運動障害を伴いません。検査時、下方視の瞼裂幅は健側よりも大きくなり、下まぶたが軽度に下垂します。先天性の単純眼瞼下垂のほかには動眼神経麻痺、眼瞼縮小症候群、Marcus Gunn現象などがあります。


治療

眼瞼挙筋短縮術、あるいは人工糸や自家組織(筋膜や腱)を用いて、上まぶたとおでこの筋肉(前頭筋)をつなぐ吊り上げ術を行います。


症例

onayami-img02


リスク・副作用

内出血・腫れ・むくみ




後天性眼瞼下垂

主には老人性眼瞼下垂と腱膜性眼瞼下垂というものです。そのほかには重症筋無力症、Horner症候群、動眼神経麻痺、外傷性眼瞼下垂、腫瘍や異物による眼瞼下垂、眼輪筋ミオパチーなどがあります。

老人性眼瞼下垂は両側性がほとんどです。左右差が生じることがありますが、見た目には上まぶたが延長して大きく被さっていても、眼瞼挙筋機能は正常に保たれており、眼位・瞳孔・眼球運動に異常がありません。高齢者に多く見られ、コンタクトレンズ装用や外傷が原因でない状態を指します。


onayami-img03

腱膜性眼瞼下垂は、コンタクトレンズ長期使用(10年以上で急増)の人、パソコンなどの画面をお仕事などで長時間観る時間が多い人、アレルギーなどで慢性的に目をこする頻度の高い人などが原因で進行性です。眼位・瞳孔・眼球運動に異常なく、ネオシネジンに反応します(中等度~高度では反応が鈍い場合があります)。まぶたをより挙げるために、前頭筋を収縮させ、眉毛を挙上するので結果としておでこにシワが寄り、上まつ毛と眉毛の幅が広くなります。その際に上まぶたの凹みが増強され、独特の表情を呈します。多くは両側性ですが発症時期に左右差が生じることがみられます。


治療

老人性眼瞼下垂は余った皮膚と筋肉を取り去ることで、ともにスッキリとしたまぶたになります。眉毛下で切除する場合と二重まぶた線(重瞼線)の上で切除する方法がありますが、皮膚の厚さや脂肪の量、切除量など複数の要因を考慮した上で適した方法をお勧めいたします。腱膜性眼瞼下垂は目を閉じる筋肉の下に位置する腱膜を短縮あるいは縫縮する眼瞼挙筋前転術を行います。切開を皮膚側から行う経皮法と、結膜側から行う経結膜法とがあります。どちらにもメリット・デメリットがありますので、よくカウンセリングをして決定していきます。


症例

onayami-img04


onayami-img05


onayami-img06


リスク・副作用

内出血・腫れ・むくみ





《 特集 》眼瞼下垂が原因の頭痛・肩こり・不眠症
~コンタクトレンズ長期使用者、要注意!~


onayami-img07

腱膜性眼瞼下垂の中でもコンタクトレンズの長期使用が原因と思われる方は、年々増加しており、世の中にコンタクトレンズが普及してきて10年以上後からの普及率と腱膜性眼瞼下垂の発症率は同じような増加グラフ曲線を描きます。そうはいってもコンタクトレンズは今や視力の悪い人にとっては不可欠なものであり、眼鏡に戻すというのもなかなか難しいのが現状です。
片側のみの場合がほかの眼瞼下垂よりも少ないようですが、必ず両側に症状が同時に発現するとは限らず、予防的に同時に手術をする場合も時にあります。また、数年後、十数年後に再発ということも念頭に置かないといけません。

腱膜性眼瞼下垂はまぶたが開けにくいだけでなく、肩こりや頭痛、不眠、いらいら感などの症状も合併することが多いため、整形外科や神経内科などの診療科をはじめに受診し、異常が見当たらないといわれることも少なくないため、単なる老化とあきらめてしまっている方も多く居られるようですが、正しい治療をすれば、日常生活がずいぶんと楽になるのです。


治療法の眼瞼挙筋短縮術について

まぶたの中では瞼を持ち上げる筋肉(眼瞼挙筋)と瞼板とは、挙筋腱膜を介してくっついた状態で存在しており、そのため眼瞼挙筋が収縮すると、挙筋腱膜を通して瞼板を持ち上げ開眼するのですが、この瞼板と挙筋腱膜がなんらかの原因によって、外れてしまったり、緩んだりしてしまうと、今まで連動した動作に遊びが発生し、開き具合が悪くなります。腱膜性眼瞼下垂の治療は、挙筋腱膜と瞼板とを再固定するために、生理的な改善が認められる画期的な治療法で信州大学病院形成外科の松尾教授が広めた治療法で松尾式とも呼ばれており、健康保険が適応になります。
この方法は多くの形成外科や美容外科で導入されているように広告などではみかけるのですが、実際に正しい術式で治療されているということが少なく、文献などを参考にして適当に治療されているケースが多いため、当院を受診される患者さんにも、治療後に多くのトラブルを抱えてこられるケースは少なくありません。正しい治療を安全に受けるには正しい情報を得ることが非常に重要なのです。


onayami-img08


症例

onayami-img09


onayami-img10


onayami-img111


リスク・副作用

内出血・腫れ・むくみ


scroll