ワキガ・多汗症

ワキガ・多汗症

一人で悩むことはありません!ワキガ・多汗症は治ります。


ワキガ・多汗症の原因

脇の下には臭いの原因となるアポクリン汗腺と汗の原因となるエクリン汗腺という2種類の汗腺があります。
エクリン汗は体温調節のためにかく汗で成分はほとんどが水分で、微量の塩分を含みます。アポクリン汗は、各種タンパク質・糖質・中性脂肪・ピルビン酸・鉄分・アンモニア・色素リポフスチン・各種の脂質を含んでいます。このアポクリン腺の汗がワキガの原因です。
ワキガの独特なワキガ臭は、アポクリン汗が皮膚上に分泌され、皮脂腺から分泌された脂分やエクリン汗と混ざり、それが雑菌によって分解・酸化され、低級脂肪酸、アンモニアなどの物質に変化することで発生します。
概ね、ワキガ臭の強い人はアポクリン腺量が多く、皮脂腺も発達していて、毛の多い場合が多いといえます。


ワキガ・多汗症の原因

ワキガ・多汗症になりやすい体質

ワキガが起こるかどうかは、アポクリン汗腺がどれほど発達しているか、またどれほど活発に働いているかで決まります。
そしてこれらの要素は遺伝によって左右されやすいものです。
両親のうちいずれかにその体質があると約50%、両親ともにワキガ体質である場合は約80%と、かなり高い確率で子供に遺伝すると言われています。
お子さんを持つ方は、その点に注意しておいてください。両親が知らないうちに、お子さんが、ワキガで人知れず悩んでいるかもしれないからです。
ご両親のどちらか、あるいは二人ともワキガ体質なのであれば、お子さんの「耳アカ」を調べてみると良いでしょう。
耳の中のアポクリン汗腺は子供の頃からすでに発達していますから、耳アカがねっとりと湿っているようならワキガ体質が疑われます。
ただ例え「ワキガ体質」が遺伝していても、必ずしも強い臭いを発するとは限りません。
ワキガの原因は遺伝以外にも数多くあるからです。


生活習慣が原因によるワキガの発症

ワキガは、アポクリン汗腺からの分泌物が皮膚に住みついている常在菌によって、分解されて生じる臭いです。つまり常存菌が繁殖しないように、わきを清潔に保つということは、臭いを軽減することになります。
清潔を保つためには、次のような対処法があります。


院長アドバイス

あまり臭いが強くないワキガの場合は、少々手間がかかりますが以下のようにして臭いを抑えることができます。

(1)脱毛
脱毛は皮膚表面の細菌を取り去る有効な方法です。かみそりで毛の根元にいる雑菌ごときれいに剃る、毛抜きで抜くなどのほか、脱毛クリームも有効です。
特に有効なのは肌負担の少ない医療レーザーで毛根を処理する「医療レーザー脱毛」です。
最も効率良く確実に脱毛することができますので、ワキガ対策になるでしょう。
根治療法ではありませんが、症状が軽ければ、効果が期待できる対処法です。

※医療レーザー脱毛について詳しくはこちら

(2)薬用石けんでよく洗う
汗をキレイに洗い流した上に除菌もできる薬用石鹸も有効な対処法です。
一日のうち、朝・帰宅時にシャワーを浴びて除菌効果の高い薬用石鹸で、わきやソケイ部をしっかり洗いましょう。
その後、制汗剤を使用するのもいいでしょう。

(3)身体をこまめに拭く
シャワー・入浴が困難な場合は、わきを石けんで洗う変わりに、生理食塩水をコットンなどに染み込ませ、2~3時間おきに拭くと細菌の繁殖を防ぎ、臭いを抑えます。
生理食塩水は市販のものでOKです。これをコットンに浸して、2~3時間おきに拭くようにしましょう。
これだけでわきの細菌をやっつけることができ、臭いの発生を抑えられます。


食事が原因によるわきがの発症

ワキガと食生活とは深い関係があります。
動物性脂肪や高タンパク・高カロリーの食品は、ワキガを悪化させる要因です。
もともとの体質に加えて、このような偏った食習慣を長期にわたって続けていると、ワキガ・多汗症のリスクは高まります。


院長アドバイス

食文化の欧米化に伴って、日本人もワキガの人が増えてきました。動物性脂肪の多い肉類・乳製品がワキガを悪化させるようです。食物の成分に注意して悪化を防止しましょう。
動物性たんぱく質、脂質が多く含まれる食品はもちろんですが、動物性油脂であるラードや植物性+動物性油脂のショートニングを使った食べ物もNGということです。
バター・生クリーム・マーガリン・ショートニングなどを材料にしているものに注意しましょう。これらは、菓子パンや洋菓子(糖分も多いので、要注意)・スナック菓子・インスタント食品・レトルト食品などに使われています。

また、ファーストフードのMなどで使用されている油はショートニングなのでポテトやナゲットなども半分NGです。


ワキガ・多汗症の治療のポイント

ワキガ・多汗症の治療では、その原因となるアポクリン汗腺・エクリン汗腺の活動の抑制や除去をいかに行うかが重要なポイントになります。
ワキガ治療に関しては直接剪除法(皮弁法)という手術法は保険適用になります。事前のカウンセリングにて適用の可否も判断したうえで、最適な治療法を選択していきます。


ワキガ治療比較表

ミラドライ直接剪除法(手術)ボトックス注射
傷跡の有無無し有り無し
持続期間半永久的半永久的4~9ヶ月
ワキガ治療として有効有効有効
日常生活の影響問題無し要安静(2~3日)問題無し
治療時間約1時間約1.5時間約10分
健康保険適応外適応適応外
治療後の痛み無し有り無し
通院無し抜き糸無し


多汗症治療比較表

ミラドライボトックス注射
傷跡の有無無し無し
持続期間半永久的4~9ヶ月
多汗症治療として有効有効
日常生活の影響問題無し問題無し
治療時間約1時間約10分
健康保険適応外保険適応
(重度以外は適応外)
治療後の痛み無し無し
通院無し無し

〜あなたの症状に合わせて治療法が選べます〜

ワキガ・多汗症の治療法

ミラドライ


ミラドライ
肌を切らないワキガ・多汗症治療。わきの皮膚の表面にマイクロウェーブを照射し、皮下の汗腺を破壊することで、発汗作用を抑える施術法です。痛みもダウンタイムもほとんどなく、効果がすぐに実感できます。
[詳しくはコチラ]


直接剪除法(保険適用)


直接剪除法(保険適用)
直接医師が目で確認しながら臭いの元となる汗腺を取り除いていく手術です。効果がとても高く再発の可能性が極めて低く、1回の手術で臭い・汗ともに改善。わきの下のシワに沿って切開しますので、傷跡の心配もありません。
[詳しくはコチラ]


多汗症ボトックス


多汗症ボトックス注射
注射で簡単にわき汗を抑えることができます。汗腺は残したままで、効果はおよそ半年~9ヶ月も続きます。冬でもわきに汗をかく方やシャツに汗染みがつく方、緊張で汗をかく方などにオススメです。
[詳しくはコチラ]



◼︎ その他の治療法

パースピレックス(外用剤)
特許処方により長時間、効果が持続する医療用制汗剤です。入浴などで効果が低下せず3~5日間の制汗効果が持続します。気になる脇汗、手のひら、足の裏の汗を抑制。
[詳しくはコチラ]


塩化アルミニウムローション
塩化アルミニウム液は汗腺に蓋をする働きをしてくれます。殺菌効果もあるので、ワキガ臭の消臭にも一役かってくれます。
[詳しくはコチラ]


お問い合わせはコチラ
scroll