その他の施術(目元)

上まぶたの凹み

上まぶたが凹んでいると、年齢より老けて見えたり、疲れた印象を与えたりします。上眼瞼の陥凹がある場合、眼瞼下垂を伴う場合が非常に多く、その場合はまず眼瞼下垂の治療が優先されます。下垂のない場合、又は下垂を治療しても陥凹の残存する場合は、自分の脂肪注入やヒアルロン酸の注入を行います。自分の脂肪の場合片眼に約0.5~1㏄程度の脂肪を注入することで、キズ跡なく治療することができますが生着するわけではなく、ダウンタイムが生じます。

ヒアルロン酸の注入はほとんどダウンタイムはありませんが一定期間しか持続はしません。種類にもよりますが、約1~2年間とお考えください。



目のクマ

下まぶたは、血行不良、疲れなどが表れやすい部位です。特に真皮層ははりや弾力の重要なポイントとなります。ヒアルロン酸やコラーゲンが減少して水分を保つ力が弱まってくると、弾力が失われ、たるんでしまいますので、下まぶたたるみの解消には、マッサージで血行を良くし、こまめに保湿をすることが大切です。
また目袋によって下まぶたに影ができて、目のくまに見える場合も多く、この場合は目袋と同様の治療を行います。



涙袋

涙袋とは下まつげのすぐ下の部分の膨らみのことで、主に眼輪筋の膨らみによって形成されています。別名「ホルモンタンク」とも呼ぶそうで、涙袋がふっくらしている人は、色っぽいという説もあります。芸能人も涙袋のある人が多いようです。グランクリニックではではヒアルロン酸を下まつげの下の部分に注入することにより涙袋をつくることができます。



黒目パッチリ・アーモンドアイ

黒目をパッチリ見せるのは、実際に大きくはなりませんので瞼裂の縦幅、横幅を大きくするということです。以前から手術で大きい眼をつくろうと思った場合、上方向(眼瞼下垂手術、二重まぶた手術)、下方向、内側方向(目頭切開)、外側方向(目尻切開)のどれかを、あるいはいくつかを行います。
特に眼瞼下垂、目頭切開、目尻切開のほかに下方向への下まぶたの拡大がポイントになります。

下まぶたの裏側(結膜側)の瞼板下縁に小切開を行いCPFという筋膜と瞼板を縫縮します。まぶたを引き下げ、黒目(虹彩)の部分で下三白眼にならないように注意します。外側の白目も同時に縦幅を大きく見せるように調節します。
結膜側がさがったら、下まぶたの外側の睫毛のすぐ下で皮膚を適量切除します。

ダウンタイムが生じるのが嫌な人や手術が無理な方は、下まぶたの外側にボトックス注射をすることにより、下まぶたの目尻側を引き下げることによって、アーモンドアイにすることが可能ですが定期的なメンテナンスが必要になります。


onayami-img39


目頭 or 目尻を小切開することにより、目の横径が広がり魅力的な目元を作ることができます。


赤み・腫れ



内容価格
埋没法(両眼)65,000円
マイクロ切開法160,000円
部分切開法170,000円
切開法260,000円
埋没糸抜糸当院 32,500円(他院 65,000円)
目頭切開(両眼)260,000円
目尻切開(両眼)260,000円
目の上シワ305,000円
目の下シワ320,000円
目の脱脂肪260,000円
黒目を大きく見せる眼瞼手術360,000円
アーモンドアイ360,000円
※費用は税込表記となります。
※腱膜前転を行なわない重瞼線での除皺術、及び眉毛下皮膚切除術は両方とも 305,000円です。
※重瞼線での除皺術に腱膜前転を加えた場合は 305,000円×1.5倍。
※眉毛下皮膚切除術に腱膜前転を加えた場合は 305,000円×2倍。
※隔膜前脂肪切除術併用でも同価格(305,000円)です。
※ただし、診察で病的眼瞼下垂と判断できる場合には健康保険が適応になります。
お問い合わせはコチラ
scroll