炎症後の色素沈着

シミのレーザーを照射したあとは二次性の色素沈着が起こります。
e3eb808ba083d8673c478547e222004d-1-columns2-1-1

レーザーをあてて2週間後にテープをはがしたときにはピンクだったお肌が1~2週間ほどすると薄茶色くなってきます。

これはレーザーをあてたことによる炎症後の色素沈着です。


このことを知らないとせっかくシミのレーザーを照射したのにまたシミが出てきたと思われる方もいらっしゃいます。

出来るだけ炎症後の色素沈着が起こらないようにグランクリニックでは再診のときにハイドロキノンクリームを処方しております。


ハイドロキノンクリームは色素沈着を防ぐためのお薬です。

2週間後以降からシミのレーザーをあてた箇所に朝夜と薄く塗ってもらいます。

朝はハイドロキノンクリームを塗ったら必ず日焼け止めを塗るようにしてください。

お顔の場合は洗顔後まずハイドロキノンクリームを薄っすらと塗ったあとにスキンケアをして必ず日焼け止めを塗ってくださいね。


また紫外線防御以外にも色素沈着をした箇所の接触を控えることも大事です。

洗顔時などはお顔を極力擦らないようにしてください。

このことをしっかり守って生活して頂くと2~4ヶ月かけて少しずつ薄くなっていきます。

しかし、それでも一度の治療では取れないシミもあります。

その場合は4ヶ月以上間隔をあけて再照射する場合もあります。



【シミ取りレーザーの詳細はコチラです】


====================

ご予約は受付時間内にお電話にてお願いします


 ☎052-243-4874 


<受付時間>9:00~12:30/15:00~18:30


<休診日>木曜日・日曜日・祝日

====================

\ 公式LINEでお得な情報をお知らせ /

 

images-13
お問い合わせはコチラ

ご予約やキャンセルの連絡は、必ずお電話ください


scroll