妊娠中のスキンケアについて

30bf2ce0f1fde5443ddf6a4d4aec71ef
妊娠中はホルモンのバランスが一気に変わります。その影響で免疫力が低下したり、栄養不足で肌が荒れやすくなったり、

敏感になったりします。

ですので妊娠中、授乳中はゼオスキンをお使いいただけません。

妊娠したかも?!と思ったら、ゼオスキンを処方してもらっているクリニックに相談してください。

妊娠中使用を控えた方がよい成分がありますのでその成分を含まない化粧品に変えたいただきます。

≪妊娠中使用できない成分≫
☆ハイドロキノン・・・ハイドロキノンは体に影響が出るほどの負担ではありませんが、妊娠中は普段と体質がことなり体・お肌ともに敏感になっています。念のため使用を控えていただいております。

☆レチノール・・・ビタミンAは脂溶性のビタミンの一種で妊娠中には1日5,000ug以上摂取した場合に死産や先天性奇形を        引き起こす可能性があります。

☆パラベン、オキシベンジン、トリクサン等

妊娠中はお肌が敏感になりますので、ご自身にあった化粧品を探してくださいね。



images-11