皮膚欠損

◉ 植皮術

あざや皮膚腫瘍の切除後やひきつれなどを取った時にできる皮膚欠損を被覆する、いわゆる皮膚移植のことで、自分のからだの他の部分から皮膚を採取して、皮膚が欠損している部分に移植することです。移植した皮膚は、色調や質感などが部位により異なります。移植した皮膚は4日程度で新しく血が通うようになり1週間程度で着きます。


施術費用

※詳しくは、診察時にお尋ねください。



◉ 皮弁作成術

皮弁とは、「血流のある皮膚・皮下組織や深部組織」を移植する手術方法です。英語では‘flap’と表現されます。文字通り「形を成し元通りに復元する」ことを目的とする形成再建外科分野では、最も重要な手術手技と言えます。形成外科医としてトップレベルの技術を持って治療に当たらせていただきます。


症例

keisei-110-img02


治療内容

腫瘍を皮膚とともに手術で切除した後、皮下組織や深部組織を移植して、形成再建していきます。


リスク・副作用

腫れ・しびれ・痛み


施術費用

※詳しくは、診察時にお尋ねください。


お問い合わせはコチラ
scroll