ケロイド治療(保険適用)は形成外科で

o0288019213632878628

けがをした後、傷跡が赤く盛り上がったり、かゆみが出たことはないですかsign02

 

 

これはケロイド・肥厚性瘢痕によるものです

 

 

clipケロイド・肥厚性瘢痕

 

皮膚に外傷や手術などで損傷が加わると、体を修復する機能が働いて治癒しますが、この修復された傷跡を瘢痕(はんこん)といいますdiamond

 

 

瘢痕は通常約3~6カ月間、やや赤く硬みを帯びていますが、その後、徐々に白く柔らかい成熟した瘢痕となっていきます。ところがこの過程がうまく進まずに、赤く硬い状態が長く続き、徐々に赤みや硬みが強くなっていくのが肥厚(ひこう)性瘢痕やケロイドとよばれるものです

 

 

とくに、ケロイドは外傷など思い当たる原因がなくても、耳介ear(とくにピアス孔)、前胸部、肩部、恥骨部などによく発生するそうです

 

体質的な素因も大きく影響します

 

 

 

spade治療法spade

 

one圧迫療法
two外用剤、被覆剤
threeステロイドのテープによる密封療法
fourリザベン内服(現在、ケロイド治療で認められている唯一の内服薬です。)
fiveステロイドの局所注射
six手術治療

 

 

ケロイドの状態により治療法は異なりますが、治療をする事で皮膚の盛り上がりだけではなく、痒みや痛みといった症状も軽減できますshine

 

当院の院長は形成外科専門医の為、保存的治療から外科的治療まで行う事ができますgood

 

 

お悩みの方はお気軽にお問い合わせ下さいtelephone

 

詳しくはこちらから

スタッフブログ(アメブロ)はこちら

 

 

 

お問い合わせはコチラ

ご予約やキャンセルの連絡は、必ずお電話ください


監修:グランクリニック院長 中村恭介
グランクリニック院長 中村恭介

香川医科大学医学部(現香川大学医学部)卒業。
広島大学整形外科教室形成外科診療班、県立広島病院整形外科、広島市立広島市民病院形成外科の勤務を経て、名古屋市中区栄に医療法人美彩会 グランクリニックを開院。
◯日本形成外科学会専門医
◯日本整形外科学会専門医
◯日本美容外科学会正会員
◯日本美容皮膚科学会正会員
◯日本抗加齢医学会正会員
◯日本抗加齢美容医療学会正会員


【詳しくはコチラ】
scroll