日焼け止めの種類

IMG_1750-e1709004998944
すでにご存じの方は多いと思いますが…日焼け止めのおさらいです

日焼け止めに含まれる紫外線防止剤には
・紫外線吸収剤
・紫外線散乱剤
があります

〈紫外線吸収剤〉
紫外線を吸収して熱エネルギーに転換・放出する事で日焼けを防ぎます
テクスチャーはいいですが、皮膚の表面での化学反応がお肌に負担をかけやすく、肌荒れが起きる可能性があります


〈紫外線散乱剤〉
紫外線を反射・散乱させることで皮膚に紫外線が届くのを防ぎます
散乱剤のみの日焼け止めは「ノンケミカル」と表示される事もあります
主に白い粉末の微粒子なので、肌が白浮きしたり、皮脂や汗で取れやすいといった点もありますが、最近では改善されてきている日焼け止めもあるようです

どちらもメリット・デメリットがあります
お肌に負担をかけたくないとノンケミカルの物を使用して汗などで取れて日焼けしてしまっては元も子もありません

TPOに合わせてたり、SPFやPAも確認して使用する日焼け止めを考慮すべきですね

尚、写真の2種類の日焼け止めはグランクリニックにてお買い求めいただけます



カウンセリングの予約受付時間 
9:00〜12:30 15:00〜18:30
電話のみの受付となります

images-13
お問い合わせはコチラ

ご予約やキャンセルの連絡は、必ずお電話ください


scroll