抗体の出来ないボトックス「ゼオミン」

1593aaf4f4ed6efe9d0b3e8b7f60c6c6

おはようございますnote

 

 

プチ整形というと最近では、芸能人だけではなく一般の方もアンチエイジングの一環として施術を受けられる方が増えていますshine

 

 

spadeボトックスとは・・

ボツリヌストキシンはボツリヌス菌から抽出されたタンパク質の一種で

アセチルコリン分泌阻害のために一過性の筋肉麻痺を生じさせます

 

 

ボツリヌス菌によるシワ治療は、今では「ボトックス注射」日本でも知られるように

なりましたgood

 

 

 

 

ボトックスも色々と種類がありますflair

 

 

oneボトックスビスタ
(アラガン社製;厚生労働省承認)

 

twoニューロノックス
(韓国製;MFDS承認(旧KFDA)
※MFDSとは韓国食品医薬品安全庁の略称

 

threeゼオミン
(ドイツ製:米国FDA、欧州CE、韓国MFDSの承認)

 

 

 

 

実は、ボツリヌストキシン製剤を長期に渡って使用した場合、生体反応として「抗体」ができてしまうために、ボトックスの効果が出なくなることが言われていますcoldsweats02

 

 

 

flair抗体ができるタイミングは人それぞれで、数回治療しただけで抗体が出来てしまったという方もいらっしゃいます

 

 

しかし、ゼオミンは他のボトックスと比べて抗体が出来ないと言われていますnote

 

 

その為、今後も何年も、何十年もボトックスのお世話になりたいという方にはゼオミンがオススメです

 

 

料金は各部位、通常ボトックスの1.5倍ななります
ご興味ある方はスタッフまでお尋ね下さいね