眼瞼下垂が原因の頭痛・肩こり・不眠症、コンタクトレンズ長期使用者は要注意!


onayami-img07


腱膜性眼瞼下垂の中でもコンタクトレンズの長期使用が原因と思われる方は、年々増加しており、世の中にコンタクトレンズが普及してきて10年以上後からの普及率と腱膜性眼瞼下垂の発症率は同じような増加グラフ曲線を描きます。そうはいってもコンタクトレンズは今や視力の悪い人にとっては不可欠なものであり、眼鏡に戻すというのもなかなか難しいのが現状です。
片側のみの場合がほかの眼瞼下垂よりも少ないようですが、必ず両側に症状が同時に発現するとは限らず、予防的に同時に手術をする場合も時にあります。また、数年後、十数年後に再発ということも念頭に置かないといけません。

腱膜性眼瞼下垂はまぶたが開けにくいだけでなく、肩こりや頭痛、不眠、いらいら感などの症状も合併することが多いため、整形外科や神経内科などの診療科をはじめに受診し、異常が見当たらないといわれることも少なくないため、単なる老化とあきらめてしまっている方も多く居られるようですが、正しい治療をすれば、日常生活がずいぶんと楽になるのです。


「私って眼瞼下垂かなぁ?」
…何となく不安なあなた。
セルフチェックしてみませんか?

【 眼瞼下垂セルフチェックはこちら 】

【 眼瞼下垂治療に関する詳細はこちら 】