グランクリニック

052-243-4874 完全予約制 ACCESS
【受付時間】9:00~12:30 / 15:00~18:30 【休診日】木・日・祝

整形外科・リハビリテーション科:お悩み

主として四肢や体幹の各種疾患と外傷が対象となるのが整形外科です。骨、関節、筋肉、腱、靭帯の運動器官をはじめ、それらを支配する血管、脊髄、末梢神経の奇形、変形、炎症、腫瘍、代謝疾患などの諸疾患、および骨折、脱臼、ねんざ、キズなどの様々な病態がありますが、当院では主に日常生活で頻繁に遭遇する腰痛、肩こり、膝の痛みなどのお悩みの症状に対しての治療を行い、機能障害を回復して社会生活へ復帰していただくことに重きをおいております。また当クリニックの特徴は形成外科・整形外科の両科専門医によるクリニックですので、形成外科の技術や知識を整形外科でもふんだんに織り込まれている、きめ細やかな医療です。

お悩みの症状

腰痛

椎間板は髄核と呼ばれる柔らかい組織とその周囲の線維輪と呼ばれる外層で構成されています。髄核は子供や青壮年ではゼリー状ですが、年齢とともに水分が失われてきます。壮年期には椎間板に裂け目が生じて、腰痛を引き起こすことがあります。裂け目が椎間板の外側まで広がると椎間板の内容物が押し出され、突出します。これを椎間板ヘルニアと呼びます。突出した椎間板が神経を圧迫すると下肢に痛みが生じることがあります。馬尾と呼ばれる腰椎部の神経が椎間板ヘルニアで傷つくと排尿や排便の障害が生じることがあります。腰椎椎間板ヘルニアに対しては脊椎脊髄病専門の整形外科的な診断と治療が必要です。多くは手術をせずに治癒しますが、適切な治療にも関わらず下肢の痛みが治らない場合、下肢の麻痺が進行する場合や前述の排尿、排便障害がでてくるような場合には脊椎脊髄病専門の整形外科医による手術が必要です。

首・背中の痛み・肩こり

背骨には神経の通り道である脊柱管と呼ばれる孔があります。長い年月の間、体を支え続けていると加齢現象が生じ脊柱管が狭くなってきます。腰椎部で脊柱管が狭くなった状態を腰部脊柱管狭窄と呼びます。腰部脊柱管狭窄症は、50歳代以降から徐々に増えてきます。脊柱管が狭くなると、そのなかを走っている神経が圧迫されて、坐骨神経痛と呼ばれる下肢の神経痛やしびれ、麻痺(脱力)が発生します。時には、両下肢のしびれの他に、股間のほてり、排尿後にまだ尿が完全に出し切れない感じ(残尿感)、便秘などの膀胱・直腸症状が発生します。これらの症状は、主に立位や歩行時により引き起こされます。そのため腰部脊柱管狭窄症では、長距離を続けて歩くことができなくなり、歩行と休息を繰りかえす間欠跛行という状態になります。

ギックリ腰

ぎっくり腰と呼ばれるものは、急激に起きる腰痛の総称で、中でも多 いのが腰椎のねんざです。腰の周りの筋肉や筋膜の一部が切れ、背骨の両脇あたりに痛みが走るものです。主な原因は、重い物を持ち上げたり、体をひねったりした時に「ギクッ」っと起こるもので、腰を曲げられなくなってしまいます。病状としては激痛のため少し上半身を前かがみにしてしか歩けなかったり、上半身を後ろにそることができなかったり、歩くたびに振動で腰に痛 みが増すのでゆっくり静かにしか歩けなかったりする症状です。

原因は腰や骨盤の筋肉、筋膜、じん帯、軟骨(軟部組織)の損傷によるものです。特に多いのが骨盤の仙骨と腸骨の2つの骨からな仙腸関節に付着する軟部組織の損傷により起こります。一般的に長時間いすに座りっ放しは、いちばん腰に良くありません。
時々いすから立ち上 がり、軽く体を動かすことをお薦めします。そして、歩く時も背筋を伸ば して歩くと腰の負担が軽くなります。

施術メニュー

保存的治療(リハビリ、注射、投薬、生活指導など)

むち打ち

頸部の外傷として最も身近なものは、頸部捻挫です。いわゆる「むち打ち症」です。
追突事故やスポーツ中の事故が原因で、頸部が前後に大きくしなるために起こる筋肉や靭帯の損傷です。怪我の程度は様々で、最悪の場合は頸椎骨折という事態になることもあります。
軽度であれば、損傷は筋肉にとどまり、事故後数時間してから首を動かそうとしていつものように動かせない、動かすと痛い、押すと痛いなどの症状がみられ、中度になると、損傷は筋肉だけでなく靭帯にも及び、受傷直後からはっきりした痛みが出て、しだいに強まりながら後頭部や肩、腕などに広がってきます。重度になると、靭帯が断裂してしまうので、回復までにかなりの時間がかかります。

施術メニュー

保存的治療(リハビリ、注射、投薬、生活指導など)

手の痛み、しびれ

上肢の痛みは、頚椎椎間板ヘルニア、頚椎症、頚椎後縦靭帯骨化症などの頚椎の病気が原因で頚の神経根(脊髄から出た神経の枝)が圧迫されて生じることがあります。この場合、頚を後ろに反らせたり、左右どちらかに傾けることにより症状が悪化する場合があり、肩甲骨の内側に痛みが走ることもあります。頚椎装具、薬物療法、牽引療法、ブロック療法などの保存的治療で多くは改善します。その他に、肩関節周囲炎(いわゆる五十肩など)、胸郭出口症候群、肩手症候群などでも上肢にも疼痛をきたすことがあります。また頚髄の腫瘍や肺の腫瘍が頚の神経根を圧迫し、上肢の疼痛やしびれを生じることもあるので注意が必要です。

施術メニュー

保存的治療(リハビリ、注射、投薬、生活指導など)

足の痛み、しびれ・歩行障害

下肢痛は腰椎(腰の骨)で脊髄、馬尾、神経根と呼ばれる神経が圧迫されて下肢に痛みが生じるいわゆる坐骨神経痛と、下肢の関節(股関節、膝関節、足関節)や筋肉・骨に障害や異常がある場合生じます。脊椎が原因の疾患には腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症などが代表的な病気です。
歩行障害の原因は、下肢の病気とそれ以外の病気に分けて考えることが出来ます。下肢の病気としては、関節の変形が代表的なもので、関節痛が特徴です。一方、下肢以外の病気による歩行障害は、背骨の病気による神経障害と下肢の血流障害が主な原因です。通常は、神経障害による歩行障害が多く、臀部から下肢の後面を通り下腿部の下まで放散する痛みとしびれで歩くことが出来なくなります。安静時には全く症状が無く、歩くと痛みやしびれがでて長く歩くことができなくなり、歩行と休息を繰りかえす歩行障害を間欠跛行といいます。この間欠跛行は腰部脊柱管狭窄症による神経障害や閉塞性動脈硬化症による血行障害の特徴的症状です。

施術メニュー

保存的治療(リハビリ、注射、投薬、生活指導など)

手・足のむくみ

手足の良くあるむくみの原因は疲労が一番です。朝はすっきりしていたのに夕方になると、手がむくんで指が太くなって指輪が入らない、または、外せないなんて事や、足がむくんで靴がキツク感じたり、痛くなってしまったりということがあると思います。特に立ち仕事の人(立ちっぱなし)などは、足や足首そしてとくに、ふくらはぎのむくみが悩みという人も多いのではないでしょうか。
これは血液・水分が足にたまってしまったためです。ストレッチ体操をしたり、足首を回したり、屈伸運動などの軽い運動などで、足の筋肉を動かすことが、解消法になりますし手や足のマッサージ、リンパ・マッサージなども効果的です。
ただ、腎臓や肝臓の病気や糖尿病、貧血が原因で手足がむくむ場合は生活習慣を見直し、それらの病気の治療をしっかりと行わなければなりません。

施術メニュー

保存的治療(リハビリ、注射、投薬、生活指導など)

指の痛み・変形

手の指の痛みや外傷(ケガ)のほかに腫瘍や爪周囲炎、ひょう疽などでも生じやすい症状です。加齢による変形や指に近い部位に結節が生じて起こることもあります。
指の関節の軟骨が磨り減る変形性関節症、自己の免疫が主に手足の関節を侵し、これにより指の痛み、関節痛、関節の変形が生じる代表的な炎症性自己免疫疾患の関節リウマチも代表疾患です。
また関節以外が原因の手根管症候群、腱鞘炎も日常でよくある病気です。

施術メニュー

保存的治療(リハビリ、注射、投薬、生活指導など)、手術

肩・肘の痛み

中年期以降の方で、肩が痛くて腕を挙げられないといった症状を、俗に「四十肩」「五十肩」と呼びますが、医療機関などの診断名では、主に「肩関節周囲炎」や「上腕二頭筋長頭腱炎」「棘上筋炎」などと言われます。
肩は「上腕骨」「肩甲骨」「鎖骨」「肋骨」で関節が形成されています。腕を挙げる時には、上腕骨や鎖骨、肩甲骨が連動する動作をしており、周囲には、回旋筋群と呼ばれる肩を動かす筋肉群が取り囲みます。
これらの関節の変位、筋肉の弱化が問題になりますが、その原因となるのは神経系の機能低下です。
神経の働きを正常に回復させないと根本的な解決にはなりません。

一般的に肘の外側の痛みをテニス肘、内側の痛みを野球肘といいますが、テニスや野球をしていない方も同様に、車のハンドルを切る時やコーヒーカップを持つ時などに痛みが出ます。
首から出て、腕や手へ走行する神経「頚神経叢」「腕神経叢」の影響が大きいといわれています。
肘には、『橈骨』と『尺骨』いう2つの骨が上腕骨とそれぞれに関節を形成しており、肩甲骨の変位は、上腕骨を引っ張って橈骨や尺骨も引っ張ります。肘は肩の疾患と同様に、背骨や肋骨、肩甲骨の変位、関連する筋肉の状態が影響しますので、周辺筋肉を支配している神経の機能を正常化させることで筋肉の働きを戻し、関節の状態を正すことが大切です。

施術メニュー

保存的治療(リハビリ、注射、投薬、生活指導など)

膝・股関節の痛み

膝痛の原因というと、軟骨が磨り減る変形性膝関節症などが最も多いのですが、その他にも痛みの原因となるものはあります。
例えば膝痛というと、どうしてもその部分が悪いように思いがちですが、膝と股関節は同じ大腿骨でつながっている為、股関節が何かの原因で痛いと、それをかばおうとするのでどうしても膝など余計な所に力が入り、負担がかかって痛くなってしまうのです。股関節は上下半身の中間にあるため、体を曲げる、しゃがむ、片足で立つなど、いろいろな動きをする時に、背骨や骨盤に負担がかかり、歪んでしまい体のバランスがくずれて骨盤はもちろん、膝や、足首、背中などで、特に、片方の足に負担が集中したりすると慢性的な膝痛などを引き起こすもあります。

施術メニュー

保存的治療(リハビリ、注射、投薬、生活指導など)

打撲・ねんざ・切り傷・すり傷・骨折・脱臼など

新鮮な外傷(きず、打撲、捻挫、骨折、靭帯損傷 等)は、受傷直後の初期診断・初期治療が大切です。例えば、高齢者の場合には、骨折をきっかけに足腰が弱ってしまう場合がありますし、骨折や脱臼をそのままにしておくと、後遺症の危険や全身状態の危険がありますので、なるべく早く受診されることをおすすめいたします。正確な判断と、適切な初期治療を行うことで、早期の治癒と後遺症の減少につながります。

骨粗鬆症

骨粗鬆症とは骨を作っている成分が減少するのと同時に骨の質が悪化する病気です。これにより骨の大事な機能である手・足や胴体などを支える機能は障害されます。結果として骨粗鬆症では、軽微な外傷や場合によっては明らかな外傷がなくても骨折が生じます。よく起こる部位では足の付け根の骨や手首の骨、脊椎(背骨)があります。
脊椎に生じる骨折は四角い形をした脊椎が潰れる圧迫骨折といわれるもので、骨折が生じた直後は骨折部に一致した痛みが主な症状です。一度潰れた脊椎は再び元の形には戻らないので潰れた状態で骨はついていきます。従って、痛みがとれた後も背骨が曲がったり、身長が短くなったりといった症状が残ります。

施術メニュー

骨粗鬆症診断装置、保存的治療(リハビリ、注射、投薬など)

施術メニュー詳細

肥満

メディカルダイエットは薬物療法や食生活指導が中心になります。欧米を中心に今や肥満は世界人類の敵とさえ言われるほど深刻な問題となっています。メタボリックシンドロームとなり様々な生活習慣病のリスクを高めないよう気をつけねばなりません。ゼニカルやサノレックスといった薬物を使った肥満治療や極度なカロリー制限は医師の指導下で行いましょう。自己流の無理なダイエットではなくメディカルなダイエットを検討してみましょう。

せっかくダイエットしてもあそこだけは細くならない…そんな部分やせ治療は医療機関ならでは強力メニュー。お腹、太もも、にのうで、お尻、膝下、足首と気になる部位の部分やせが可能です。
また週に1回のLカルチニンの脂肪燃焼点滴で健康的なダイエットをサポートしてはいかがでしょうか。

施術メニュー

PPCリポビーン(脂肪融解)、輪郭注射、アンチラックス(RF+赤外線治療)、PRcell、ダイエット注射、体成分分析、高度肥満用内服薬

施術メニュー詳細

主な脊椎疾患

腰椎椎間板ヘルニア

椎間板は髄核と呼ばれる柔らかい組織とその周囲の線維輪と呼ばれる外層で構成されています。髄核は子供や青壮年ではゼリー状ですが、年齢とともに水分が失われてきます。壮年期には椎間板に裂け目が生じて、腰痛を引き起こすことがあります。裂け目が椎間板の外側まで広がると椎間板の内容物が押し出され、突出します。これを椎間板ヘルニアと呼びます。突出した椎間板が神経を圧迫すると下肢に痛みが生じることがあります。馬尾と呼ばれる腰椎部の神経が椎間板ヘルニアで傷つくと排尿や排便の障害が生じることがあります。腰椎椎間板ヘルニアに対しては脊椎脊髄病専門の整形外科的な診断と治療が必要です。多くは手術をせずに治癒しますが、適切な治療にも関わらず下肢の痛みが治らない場合、下肢の麻痺が進行する場合や前述の排尿、排便障害がでてくるような場合には脊椎脊髄病専門の整形外科医による手術が必要です。

腰部脊柱管狭窄症

背骨には神経の通り道である脊柱管と呼ばれる孔があります。長い年月の間、体を支え続けていると加齢現象が生じ脊柱管が狭くなってきます。腰椎部で脊柱管が狭くなった状態を腰部脊柱管狭窄と呼びます。腰部脊柱管狭窄症は、50歳代以降から徐々に増えてきます。脊柱管が狭くなると、そのなかを走っている神経が圧迫されて、坐骨神経痛と呼ばれる下肢の神経痛やしびれ、麻痺(脱力)が発生します。時には、両下肢のしびれの他に、股間のほてり、排尿後にまだ尿が完全に出し切れない感じ(残尿感)、便秘などの膀胱・直腸症状が発生します。これらの症状は、主に立位や歩行時により引き起こされます。そのため腰部脊柱管狭窄症では、長距離を続けて歩くことができなくなり、歩行と休息を繰りかえす間欠跛行という状態になります。

施術メニュー

PPCリポビーン、プラズマリポ、アンチラックス(RF+赤外線治療)、PRcell、ダイエット注射、体成分分析、内服薬

施術メニュー詳細

脊椎分離症・すべり症

脊椎分離症というのは、脊椎の関節突起間部といわれる部位で本来つながっているべき骨の連続性が絶たれてしまっている(分離している)疾患です。主に腰椎(腰の骨)に生じ、学童期に多く発症します。原因はスポーツを行う学童に多いことから、腰にかかる繰り返しの外力によるものと考えられていますが、遺伝的要素も一部関与していると考えられています。本疾患の主な症状は腰痛で、早期に適切な治療を行うことが重要です。分離症が放置された場合、隣り合った脊椎との間の安定性が損なわれてしまうため加齢とともに骨と骨との位置関係にずれが生じることがあります。この状態を脊椎分離すべり症と言います。主な症状は腰痛と下肢痛です。

頚椎椎間板ヘルニア

頚椎椎間板ヘルニアは腰椎椎間板ヘルニアに比べて発症年齢が高く、40歳以上に多く発症します。原因として首の老化を基盤に明らかな原因がなくても発症します。中には、むちうちやスポーツ外傷をきっかけに発症することもあります。
まず肩こり、首の痛みなどの局所の症状として始まります。このため、初期の局所症状の段階では、ただ単に寝違いの診断ですまされているものも少なくありません。
首~肩~腕~指へのしびれ・痛み、肩・首・背中が痛く重く感じる、筋力低下、頭痛、耳鳴、目がチカチカするなどの症状があります。

頚椎症・頚髄症

頚の背骨(頚椎)自体あるいは椎間板が痛んで骨棘(こつ・きょく)と言う骨・軟骨が増生するため、頚が痛くなる状態を頚椎症と言います。うなじ(項部)や肩甲部にも鈍い痛みがでることがありますが、薬物療法や牽引療法などの理学療法、軽い運動療法で軽快することが多いです。この状態が進行し手足のシビレや痛み、運動麻痺や排尿障害がでてきた場合を頚髄症と診断します。軽度のシビレ感や感覚障害、痛みならば薬物療法、牽引療法などで様子を診ることもあります。

頚椎後縦靭帯骨化症

頚椎の椎体の後面、脊髄の前方部にある後縦靱帯が骨化して、脊髄を圧迫する病気です。進行すると脊髄圧迫による頚部や肩の痛み、手足のしびれ、手指の運動障害、歩行障害などを生じます。診断は頚椎の単純X線写真で可能ですが、脊髄の圧迫の程度をみるにはMRI検査が有効です。症状が軽い場合は、安静を保ったり、薬物療法などの保存的治療を行います。症状がないか軽くても転倒などで脊髄麻痺を生じることがあるので注意が必要です。

ページトップへ戻る