グランクリニック

052-243-4874 完全予約制 ACCESS
【受付時間】9:00~12:30 / 15:00~18:30 【休診日】木・日・祝
施術メニュー詳細

プラズマジェルPPP

PPP療法(プラズマジェル)のメカニズム

患者本人の血液から血漿成分を採取して利用します。血漿とは、血液から血球成分(赤血球、白血球、血小板)を除去した液体成分です。造形したい部位に血漿成分を注射注入し、皮膚を内側から押し上げて形作っていきます。PPP療法(プラズマジェル)に類似する美容治療として、ヒアルロン酸注入やコラーゲン注入等があります。真皮に有効成分を注入するヒアルロン酸注入と比較して、PPP療法(プラズマジェル)では、皮下組織や、皮下組織より下層部位に有効成分を注入することから、薄い唇をふっくら厚くしたり、貧弱なアゴを改善したり等、ドラスティックな輪郭形成も施術可能です。

プラズマ(PPP)ジェルは、自己血を、最新の医療機械ZeroTherm(ゼロサーム)を使って、遠心分離して抽出し、熱処理をしてジェル状にします。
余計な添加物は一切加えません。そのため、異物反応を起こす心配がなく、ヒアルロン酸より色調も自然なので、ボリュームを出したい部位のフィラーとして用いられ、手軽で即効性があります。
PPP(血しょう)自体には、内因性の各種細胞成長因子が含まれており、それによって活性化された線維芽細胞がコラーゲン生成を促します。

優れた再生治療のGRF(グロスファクター)療法やPRP両方との組み合わせにも即効性がありPRPを自己血から抽出するときに同時に生成できますので、無駄がありません。
ご自身の血液のみを使用しますので、アレルギーの心配はまったくなく、ブロック麻酔を行うので痛みはほぼゼロです。先の丸い針で注入を行うので内出血は生じにくくなっております。法令線のみをご希望の場合、注入は口角から行いますのでお顔に針穴は残りません。法令線と頬をご希望の場合、両頬に1点ずつの針穴ができ、2~3日間は小さな赤い点となっていますが、お化粧で隠せる程度です。(そのため、効果は3~4ヶ月であることをご了承ください)
以前からあるGRF療法、PRP療法(自己多血小板療法)は、お肌の表面を若返らせる治療で、新しく開始したPPP療法(プラズマジェル)は、皮膚の深部組織に注入し、しわをとったり、ボリュームアップさせる施術とお考えください。

適応

目の下のくぼみ、法令線(鼻唇溝)、口元のしわ、頬のこけ、こめかみ、首のしわなど

施術費用 ※費用は税込表記となります。

顔の入れたい部位どこでも初回 108,000円
同部位4ヶ月以内に追加 54,000円
バスト初回(100cc以内) 540,000円
バスト6ヶ月以内に追加 324,000円

関連情報

ページトップへ戻る