グランクリニック

052-243-4874 完全予約制 ACCESS
【受付時間】9:00~12:30 / 15:00~18:30 【休診日】木・日・祝
施術メニュー詳細

加齢性のイボ摘出術

加齢性イボは、皮膚の良性腫瘍のひとつで、「脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)」、「老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)」とも呼ばれます。早ければ20〜30代の若い頃から出現し、加齢と共に増えていきます。
その大きな原因は、紫外線の影響によるもので、加齢によってお肌の新陳代謝が衰えたり長年に渡り紫外線を浴び続けることで、排除しきれないメラニンが少しずつ蓄積してシミ(老人性色素斑)、イボ(老人性疣贅、脂漏性角化症)となります。また、シミが盛り上がってきたり、表面がザラザラと硬くなったりなど変化してイボになるケースも多く見られます。
多くは40歳以上に見られますが、遺伝的な要因も関係すると言われており、20〜30歳代の若い方の肌にも出現することがあります。

施術費用 ※費用は税込表記となります。

イボ 1個(2mm未満) 3,300円
1個(2~4mm未満) 5,500円
1個(4~6mm未満) 7,500円
テープ 350円
軟膏 650円

※首にできるアクロコルドンを除く(詳しくはこちら

ページトップへ戻る